バッタンのバタバタ釣行記

【たとえ叶わぬ恋だとしても】

皆さんどうもこんにちは。

urocoテスター川端です。今回も片想いのカンパチに会えるかなと思い、辰巳さんとまたまた和歌山県串本はかわばた渡船さんにお世話になりました。

辰巳さんとの釣行時は毎回釣果で勝負をしています。

辰巳さんは4〜5年ぶりぐらいの串本。こっちは毎月、毎週の様に通っています。

いやぁ負ける訳ないっすよね。(笑)

例えるなら、

ずっと好きだった幼馴染みの女の子に今日転校して来たばっかりの男と同時に告白するようなもんです。

うん、負ける訳ない。

いざ出陣!

インスタばっかりいじってる場合ちゃいますよ!笑

当日は北西風が吹き付けるババ荒れの天気。風が落ちるような予報でもないので、早上がりにならないか不安もあります。

ポイント到着して釣りを開始しますが、なんせウネリで釣りづらい!

着底ヒットで中ウッカリ。なんか前回のデジャヴの様な展開。そして修行の様な時間…

辰巳さんはコックリコックリ船を漕ぎながらのジャーク。(笑)

その殺気の無いフワフワしたシャクりが効いたのか、沈黙を破るビッグファイト!

しばらくのやり取りで茶色い魚体がポッカリと浮いて来ました。

血抜き後計測108cm 14.1キロのヒレナガカンパチ。

辰巳さん「チョイチョイってやったら釣れたわ」

おめでとうございますとは言っていますが、ハラワタは煮えくり返っています。

例えるなら、

ずっと好きだった幼馴染みの女の子を転校生に奪われた、そんな気持ちです。

そして今回もやりきりましたが、とうとう彼女が振り向いてくれる事はありませんでした。

港に上がってからもう一回撮影会。

例えるなら、

ずっと好きだった幼馴染みの女の子が転校生と教室でイチャイチャしているのをずっと見せつけられている、そんな気持ちです。

さて、まあこんな事で諦めるはずも無いのでGW中にまたリベンジの機会があります。

その時まで待っててや!カンパチちゃ〜ん!

今回のタックル

ロッド:シマノ オシアジガーインフィニティB636

リール:シマノ トルサ 16

ライン:PE2.5号 リーダー12号

フック:カルティバ ジガーライトシワリ5/0

ジグ:ウロコジグオリジナル300〜400g(400gはプロト)

10連休にも関わらず僕のブログを見ているような暇人に幸あれ〜!

ほな。

-バッタンのバタバタ釣行記