バッタンのバタバタ釣行記

【鳥羽ジギング青物爆釣!】

2018/12/18

皆さんどうもこんにちは。

今回は忘年会を兼ねて三重のウロコメンバーの方々と鳥羽で青物ジギングをして来ました。

釣り前日の忘年会

僕は参加出来ませんでしたが、肉を目の前に笑顔のグッチさん。参加したかったなぁ…

翌日から合流の僕は早朝に石鏡(いじか)漁港に到着。今回お世話になるのはファイヤードルフィンさんです。

船長曰く、ジグはショートでもロングでも釣れるがブリはロングジグが良いとの事。ショートはアタリは多いが、釣れるサイズがハマチかワラサクラスになってしまうらしいので、ブリを釣りたいならアタリは減るけど断絶ロングジグ!てな感じみたいです。

早速やってみますが、爆風大荒れの中ミヨシに立っていたウロコ代表にヒット!

本命のサワラじゃないですか!笑

このヒットを皮切りに皆さんバッコバコに釣れまくり!

ワラサ〜ケンカブリが入れ食い(笑)

ジグはショート150gからオリジナルの300gまで何でも食いました。カラーもシルバーから赤金、ミド金と幅広くアタリました。ベイトは20センチぐらいのアジを食っていた様です。

その後も入れ食いタイムは終わりましたが、誰かの竿は曲がっているような状況。

豪さんとグッチさん、さすがに良く釣ります。

途中からは相当な数をリリース…

写真の撮れ高も十分なので、僕はサワラ狙いに走ります。笑

はい釣れました。笑

もう出来過ぎで笑いが止まりません。しかもこの日のサワラはフォールよりも上げに反応が良く、ジグロストもほとんどありませんでした。

大爆釣、大満足での帰港。波風が強くシャクリにくい状況でしたが、そこは皆さん経験豊富な猛者ばかりですのでテクニックでカバーしていました。

そして帰り道でご飯を頂いた、キッチンたかまさん。

山盛り唐揚げの下にはスパゲティが敷き詰められています。写真じゃイマイチデカさが伝わらんのが残念。

もちろん完食は不可でタッパーに詰めて持ち帰りました。豪さんとグッチさんはこの定食をペロリと完食し、まだ満腹ではないと言います。まだ山盛りのパフェと締めのラーメンも食えるらしいです。どなたかこの2人にフードファイト挑む方居ませんか?笑

そんなこんなで腹がはち切れそうになりながら帰路につきました。鳥羽の青物ジギングはこれからが本番ですよ。是非チャレンジしてみて下さい。

今回のタックル

ロッド:オシアジガーインフィニティB651〜B634

リール:オシアジガー2000HG、2000PG

ライン:mx4 2号、リーダー8〜10号

フック:サーベルトリガー5/0、シワリ4/0

ジグ:ウロコジグショート150g、ウロコジグオリジナル200〜300g

ファイヤードルフィンさんHP→http://www.fire-dolphin.com/

おまけ

鳥羽でケンカブリと呼ぶのはブリ同士がケンカしあって身が締まったブリ、みたいな意味かと思っていましたが、実際はワラサかブリか微妙なサイズで釣った人はブリだと言い、見ている人はワラサだと言いケンカになる。と言う意味だそうで、ワラサとブリの境目ぐらいのサイズをケンカブリと呼ぶようです。

-バッタンのバタバタ釣行記